勉強道具

無理なく自由に学べる高校

不登校の経験を持つ人でも安心してマイペースで学べる高校として注目を集めているのが、自宅での学習がメインとなる通信制高校です。教師やカウンセラーによるサポート体制が整っていることや、通信制高校ならではの自由な雰囲気も人気の理由です。

教師と学生

試験対策をしよう

多くの大学受験や就職試験では必須科目となる小論文は、指定されている字数と制限時間内で自分の考えをテーマに沿ってまとめる必要があります。事前に小論文の書き出しを覚えておくことといろんなテーマで対策することで、本番では読む相手に伝わりやすい小論文を書くことができます。

先生と生徒

経験を持っています

中学受験をする上で、経験豊かな学習塾を選定することが重要になります。学校の受験事情を熟知していることはもちろん、事前に入学の内定をつかむことができるほどの影響力を持っているところもあり、ひと月3万円から5万円ほどで入塾することが可能です。

マンツーマン指導の強み

男子生徒

マイペースで勉強できる

中学生になると、小学生のときに比べてぐっと勉強が難しくなります。授業の進みも非常に早くなるので、ついていくのが大変になります。そのため、中学生から塾に行ったり家庭教師をつけたりする生徒が増えてきます。家庭教師のメリットは、マンツーマンでしっかり指導してもらえるという点です。多くの塾は集団指導のため、わからない点があってもなかなか質問することができず、漫然と授業を受けてしまいがちです。そうなると、学校と変わらなくなり成績アップにはつながりにくいです。しかし、家庭教師ならばマンツーマンなのでしっかり指導してもらえますし、わからないところを聞くのも簡単です。自宅が勉強場所になるため、通塾時間も必要なく、慣れるのが早いというメリットもあります。新しい環境になじむのに時間がかかるという生徒にもおすすめです。中学生の場合は、受験対策で家庭教師を依頼することも増えてきます。中学生の受験対策は、三年生の夏頃から行うのが一般的です。しかし、難関校を目指すのならば二年生の三月頃から対策をとるのがおすすめです。万が一対策が遅くなってしまった場合でも、生徒専門の教師である家庭教師ならば、挽回するための対策をたてるのも難しくありません。そのため、高いレベルを求める場合もおすすめとなります。また、親の目が届き安く、教師と直接相談できるのも大きな魅力です。そのため、親の方から指導について依頼することもできます。